ラジオ関西 森脇健児の遊・わ〜く・ウィークリー


RENTAI FESTA 2010 「Life」 〜手をつなごう、いっしょに創ろう、ほんとの豊かさ、ほんとの平和〜

今年で遊わーくウィークリーのカンボジア支援も9年目!!
カンボジアのアラニャランセイ学校を訪問しました。
元気な子供たち、1年ぶりの再会でしたが皆覚えていてくれましたよ!

学習用品として、ノート鉛筆色鉛筆といった文房具を森脇さん連帯ユニオンのスタッフの皆さんから子供たち1人1人に手渡しでプレゼントしました。新しい勉強道具を手に入れる事が難しい状況の子供たちがカンボジアにはまだまだたくさんいるのが実状です。

プレゼントを受け取った子供たちに日本へのメッセージを書いてもらいました!
「スマイルエールプロジェクト」は遠く離れた国や地域に、笑顔とメッセージを届ける、番組が取り組むプロジェクトです!
「thank you(ありがとう)」・「I Love You(大好き!)」といった温かい言葉を書いてくれた子供たち。
森脇さん、スタッフ一同も心が温まりました!中にはカンボジアの花の絵を書いてくれた子供たちも。
番組ではこれからもカンボジアの子供たちが素敵な笑顔で育ってくれるように活動を続けていきます!

またAAD(Angkor Assciation for the Disabled)という地雷で被災した方々が、自立するために働いている施設を訪問し、日本から持ってきた子供の服や靴、オセロなどのテーブルゲームをプレゼントしました。実際に作った作品や作品の制作過程なども見学させて頂きました。
カンボジアの国境付近での対人地雷による被害は今も尚カンボジアでは起こっています。日本のニュースではなかなか耳にすることはありませんが、過酷な状況の中生活を行っている人々も多くおられます。

10年足を運び続けたカンボジアの街。
観光地は徐々に活性化し、欧米観光客向けのストリートが開発されていたりもしました。
発達する市街地の一方で、少し中心部を外れると舗装されていない道や簡易に作られた住居などがまだまだ目立ちます。


「アンコールワット国際ハーフマラソン2012」前夜祭に出席しました。
今年は世界71の国と地域から6,241名が参加!番組が参加した当初は約700人の参加だった大会が、今では世界的な大会に大きく成長を遂げました。
地雷被災者の人々に勇気と希望を与え、世界に向かって「非人道的な対人地雷の使用禁止」を訴え続けるために毎年開かれています。 エントリー料金は、有森裕子さんが運営するハート・オブ・ゴールドを通じて地雷被災者の義手義足支援と、地雷被災者の社会復帰・自立を支援するとともに、青少年エイズ予防支援活動等に充当されます。

今年は、森脇さん・連帯ユニオンから小路さん七牟礼さん福嶋さんがそれぞれ10kmのレースに挑戦しました!

見事9位でゴールした森脇さん
41分32秒で10kmを駆け抜けました!
沿道ではたくさんの地元の方々の応援やボランティアスタッフ、中には子供たちが手伝ってくれている姿も!
温かいレースにゴールまで背中を押されますね!

小路さん七牟礼さん福嶋さんも無事に完走!初のレース参加、そして初の10kmランに挑戦した福嶋さんはゴール後、思わず記念の完走メダルを喜びと共に噛みしめました!
有森さんもハーフマラソンゴール後に快く記念撮影に応じて頂けました!

貧困問題対人地雷の問題、生活の上での様々な問題がカンボジアの歴史の中で生まれました。それらを少しずつ解決出来ればと、今では世界各国の人々が救いの手を差し伸べています。何年先になるのかは分かりませんが、遊わーくウィークリーではリスナーの皆さんと共に、カンボジアの現状をしっかりとお伝えし、情報共有を行いながら優しい支援のカタチやメッセージを伝えていこうと思います。アナタの声も是非、番組までお届けください!

【プレゼントのお知らせ】
森脇さんから、番組をお聴き頂いたリスナーの皆さんの中から抽選で3名様カンボジアのお土産をプレゼント!
お土産の中身はアンコールワット国際ハーフマラソン公式Tシャツパンフレット(いずれも森脇さんサイン入り)そしてカンボジアの可愛い手芸がセットになっています!
※Tシャツは新品ですが、ちょっぴりシワが目立ちます。その点をご了承いただきご応募ください。

※応募は締め切らせていただきました。当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせて頂きます。たくさんのご応募ありがとうございました!



| ライブラリートップページ |
| トップページ |