ラジオ関西 森脇健児の遊・わ〜く・ウィークリー

アンコールワット国際ハーフマラソン&ウォーク2008参加

  恒例行事!アンコールワット国際ハーフマラソン
森脇さん、連帯ユニオンから七牟礼さん小路さん錦戸さんが参加してきました!
 
カンボジア到着
空港到着!1年ぶりにカンボジアに到着しました!

さっそく現地で夕食です!

メニューは、2年前にも番組で紹介した
タイ風すきやきです!


小学校訪問

去年も訪問したアラニャランセイ学校に行ってきました!突然の訪問にも関わらず今回も、沢山の子どもたちがお出迎えしてくれました。

なんと、校長先生の胸ポケットに見覚えのある物がありました。それは、 去年持って行ったペン!1年間大事に使って下さってたのです!それをみてとても嬉しくなりました。 子どもたちに、文具用品を渡すと大きな拍手がおきました。 子供達からは、サッカーボールやバトミントンが欲しいという意見もありました!

お別れの時には、森脇さんが「ありがとう」と言うと子ども達もなんと日本語で「ありがとう」と返事をしてくれました!

「ありがとう」とはクメール語で「コックン」というそうです。 最後に森脇さんは、「ありがとう、また来年!」と子ども達と約束をしてきました。

小学校訪問の帰り道に、小さな村をみつけました。 車を止めると、続々と人が集まってきました。お母さんに抱っこされた子どもや、小学生くらいの子どもたちが沢山いました。服を着ていない子供や靴を履いていない人も多かったです。

日本から持ってきた、履かなくなった靴や服などをプレゼント!子ども達に着させてあげたりしました! すごく嬉しそうに飛び跳ねていましたよ!お役に立てて良かったです。


アンコールワット国際ハーフマラソン 当日

アンコールワット国際ハーフマラソンとは?
1996年よりカンボジアの対人地雷被災者救済のため、日本の多くのランニング愛好者やNGOが世界各国から参加して、作り上げていったチャリティー国際認定レース。世界遺産であるアンコール遺跡の中を走ることのできるすばらしい国際レースであり、地雷被災者が多く参会しています。
大会を通じて集められた基金は、義手・義足支援や、障がい者スポーツ復興、青少年エイズ予防に使われ、カンボジアの自立支援に役立てられます。

恒例の日の出前のスタートです。 森脇さんのユニフォームには、日本とカンボジアの国旗が!

七牟礼さんは
「ベストを尽くす!」小路さんは、「少しでもタイムを縮めれるにする!」今回初出場の錦戸さんは、「完走できるように頑張る!」
個々に目標を立て皆さんやる気満々です!

独特の緊張感の中スタートです!

快調に自分のペースで走る錦戸さん
七牟礼さんは、楽しそうに走っていますね!
5回目出場の小路さんからは
少し余裕がみられますね!
今年は、「走る男」で1年間をかけての日本縦断約2,500キロに挑戦中の森脇さん
いつでも真剣勝負・自分との戦いです。
無事完走しました!
お疲れ様でした!

記録は森脇さん:1時間32分21秒!
昨年の1時間27分41秒記録を
上回れず少し悔しそうな森脇さん
来年の大会に期待ですね!

今回の大会は
史上最多の42ヶ国、2593人が参加!
いろんな国の方と一緒に走れて
毎年大満足の森脇さん

お馴染みの「走魂」の横断幕を手に笑顔です。
すがすがしいですね!


アンコールワット遺跡観光
カンボジア滞在最終日。世界遺産のアンコールワットを見に行きました。
普段中々見れない建物などを目の前にし、感動しました。
小路さん・七牟礼さん・錦戸さん

12月11日(木)と12月15日(月)の放送に、出演して下さいました!
みんなで記念写真!左後ろから、小路さん七牟礼さん錦戸さん
以上、カンボジアレポート2008でした。

カンボジアのお土産プレゼント!!

カンボジアの
お土産プレゼント!!


カンボジアの名産
香り高い黒コショウと
5つの香りが楽しめるお香を
セットにして3名様にプレゼント!

応募は締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
| ライブラリートップページ |
| トップページ |